通信型 AIドライブレコーダー Dr.ライセンス \まずはお試し/ 無料トライアル受付中

通信型 AIドライブレコーダーを活用した社用車の事故削減方法とは?

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 社用車の事故削減

AIが癖や気の緩みまで見逃さない

今までのドライブレコーダーやデジタルタコグラフでは確認することができなかった「ドライバーの癖や気の緩み」までAIは見逃しません。ながら運転もリアルタイムに管理者に通知。「運転中スマホを見るな」と言葉で指導するだけでは効きません。「ながらスマホ」を止めさせる方法としても、Dr.ライセンスは効果的です。

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー ながらスマホ対策

AIが危険な運転行動を自動検知

今まで検知することが難しかった「脇見」「車間距離不足」「一時不停止」「急後退」を含む、10種類の危険な運転行動をAIが自動検知。AIが車両前方の映像から他の車両や人を識別、車内カメラの映像からドライバーの顔の向きを認識します。さらに、加速度センサーやGPS、地図データを連動させて運転状況を分析します。

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 危険運転を自動検知

AIが危険運転を分析し見える化

Dr.ライセンスは交通事故削減をサポートするサービスです。リアルタイムだけでなく、過去との比較もAIが運転を分析し、見える化。管理者は簡単に的確なアドバイスができるようになり、ドライバーは自分の危険な運転に気づき、安全運転意識が高まります

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 危険運転を見える化

AIの具体的指導で事故予防

Dr.ライセンスの交通事故削減サポートプログラムは、体重体組成計と思っていただけるとわかりやすいです。体重体組成計は、「脂肪が増えましたと通知し、本人に気づきを与え、改善を促す。本人は適正に向かって、努力する。」ことで、適正をキープできます。Dr.ライセンスもAIがドライバーごとの具体的な改善点を示すことにより、事故が起きてしまってからの「対症療法」ではなく、事故の芽を摘む「予防」を行えます。

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 事故予防