企業リスクを未然に防ぐ
AIドライブレコーダーを活用した交通事故削減サポートプログラム

最大48%事故削減効果を実証

AIドライブレコーダーを活用した交通事故削減サポートプログラム

危険運転が見える

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー リスク運転行動

運転意識が変わる

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー トラック 事故率 実証実験結果

『働き方改革』『人手不足解消』『業務効率化』にも効果を発揮

Dr.ライセンスをうまく活用すると

  1. 万が一を記録するだけでなく、日々の運転に潜むリスク要素を確認できるようになります。
  2. AIが全データの分析を実施するので、すべての映像をチェックする手間がなくなります。
  3. 個人ごとのデータがタイムリーに確認できるので、ドライバーの記憶が鮮明なうちに指導ができます。
  4. 管理者はデータ分析ではなく、乗務員への指導やフォローに専念することができるようになります。
  5. 事故が減る仕組みが出来上がることで、会社は経費削減、社員は安全な労働環境を手に入れることができます。
  6. 荷主や社会からは安全意識が高く、環境に優しい会社として評価されます。

通信型AIドライブレコーダー
Dr.ライセンス

2020年7月7日発売

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー

AIドライブレコーダーを活用した交通事故削減サポートプログラム

Dr.ライセンスとは

通常のドライブレコーダーとの大きな違いは、今まで確認することができなかった「ドライバーの癖や気の緩み」までAIが気づき、リアルタイムに危険を検知します。AIはドライバーの顔を覚え、運転を分析し見える化します。誰でも止めることができるリスク運転行動が一目でわかるので、有効な指導を行えます。ドライバーもスコアで改善を実感できるので、一人一人の安全運転意識が高まります。Dr.ライセンスを効果的に活用し、事故削減へと導くために、テレコムがお客様をサポートします。

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 設置

設置

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー AIが運転を分析

AIが運転を
分析

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー レポートで振返り

レポート
で振返り

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 運転が改善

運転が改善

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 事故削減

事故削減

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー

AI
あなたを覚える

ドライバーの操作は一切不要。どんどん賢くなるAIが自動的に誰が乗車したか判断するので、乗り替わる度にSDカードを差替えたりするような手間を省くことができます。AIがドライバーの顔を認識して自動でレポートを作成します。

潜む事故リスクもAIで見える化

デジタコで100点を取れていても目に見えないリスクは潜んでいます。デジタコで取得できなかった事故リスクもAIが漏れなく検知。AIがリアルタイムに前方車両やドライバーの顔を認識し、警報や動画で注意喚起。複雑な運転状況はAIが解析することで、誤検知を低減します。

AIの技術
外側カメラdemo

車両・二輪車・歩行者・車線を検知

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 外側カメラ

AIは見てる
内側カメラdemo

顔の向き・目の開閉度を検知

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 内側カメラ

コストも削減
実証実験結果sample

Dr.ライセンス テレコム
交通事故削減サポートプログラムでどれくらいの効果が得られるのか?実証実験の参考値によると、過去5年間の同時期(4~10月)平均と比べ、事故率が「トラックで約48%」「タクシーで約25%」削減されました(トラック500台を使った実証実験にて、10万走行kmあたりの事故発生件数)。ドライバーの安全運転意識が向上し、リスク運転頻度が大幅に減少した結果、車両修繕費は「トラックで約90%」「タクシーで約45%」のコストダウン、事故あたりの単価も「トラックで約83%」「タクシーで約40%」コストダウンしました。
トラック(500台 400万km)

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー トラック 事故率 実証実験結果

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー トラック 車両修繕費 実証実験結果

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー トラック 事故あたりの単価 実証実験結果

タクシー(100台 200万km)

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー タクシー 実証実験結果

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー タクシー 車両修繕費 実証実験結果

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー タクシー 事故あたりの単価 実証実験結果

危険をキャッチ
検出する危険scene

Dr.ライセンス テレコム
高感度加速度センサー搭載。急加速や急減速はもちろん、今まで確認することができなかった「脇見をしている」「車間距離が不足しがち」「一時停止をきちんと止まらない」など、ドライバーの癖や気の緩み、運転姿勢もAIがリアルタイムにキャッチします。
今まで確認することができなかった事故リスクも記録
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 脇見
脇見
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 車間距離不足
車間距離不足
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 一時不停止
一時不停止
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 速度超過
速度超過
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 急加速
急加速
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 急減速
急減速
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 急ハンドル
急ハンドル
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 前方車両衝突
前方車両衝突
検出する危険運転行動詳 細加速度
ジャイロセンサー
GPS
地図情報
外側・内側
カメラ
脇見一定時間継続して脇見している状態を検出Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 脇見
車間距離不足速度に応じて検出する距離を調整Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 車間距離不足
一時不停止地図の一時停止箇所とGPSから不停止を検出Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 一時不停止
速度超過(低速路含む)狭い道など事故リスクが高い地点の速度超過を検出Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 速度超過
急加速検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズDr.ライセンス AIドライブレコーダー 急加速
急減速検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズDr.ライセンス AIドライブレコーダー 急減速
急ハンドル検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズDr.ライセンス AIドライブレコーダー 急ハンドル
前方車両衝突前方車両、二輪車との相対速度を捉え警報を出すDr.ライセンス AIドライブレコーダー 前方車両衝突

画像認識技術(AI)と危険検知アルゴリズム(AI)を用い運転行動を可視化します。

  • AIが地図情報と車両情報を組合わせて解析し、通常のドライブレコーダーではわからない一時停止違反まで検出。
  • ドライバーごとの姿勢や癖を分析して、脇見を検出。

事故に繋がる可能性のある運転行動までチェックします。

いつでもどこでも
パソコン/スマホ画面image

Dr.ライセンス テレコム
パソコンやスマートフォンから「リスク運転行動」のレポートがいつでも閲覧できます。リアルタイムはもちろん、過去との比較もできます。ドライバー自身がチェックできる他、ドライバーと管理者が情報を共有することにより、違反状況確認や安全運転目標に対する進捗確認、管理者の効果的な指導も短時間で行えます。記録は高画質で音声も良好、動作はとても軽くてスムーズです。
ID無制限ヒヤリハット通知ハザードマッププライバシー保護
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー リスク運転行動

ドライバー向けスマホ画面image

point1_モチベーションアップ

振返りの中で目標を再確認し、危険シーンの数やスコアの推移で改善を実感できる。

point2_安全運転意識アップ

ヒヤリハットや危険シーンが検出された場所と動画で運転行動を振返り、当事者意識を維持できる。

point3_自己理解度アップ

数値で可視化することにより、今後の目標を定めやすい

1.目標の達成度を確認
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 目標の達成度を確認
2.危険シーン地点確認
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 危険シーン地点確認
3.危険シーン動画確認
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 危険シーン動画確認
4.スコア推移状況確認
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー スコア推移状況確認

管理者向けパソコン画面image

point1_業務効率アップ

目標未達者、注視しているドライバーの運転状況が一目でわかる

point2_コミュニケーションアップ

ドライバーへの指導ポイントが容易に把握でき、声掛けしやすい

point3_集計・分析力アップ

拠点/チーム/個人別、月/週/日単位など、より詳細なデータの表示や出力も可能

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー

Drの診断結果
フィードバック帳票sample

Dr.ライセンス テレコム
月に一度、乗務員のリスク運転状況データを分析した「フィードバック帳票」をお送りします。ドクターからのコメントには、改善すべき点がわかりやすく記載されておりますので、運転の振返りや効果的な安全運転指導にお役立てください。
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー リスク運転ランキング

リスク運転ランキング

  • 100kmあたりの違反回数ランキング
  • ワースト3
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー リスク運転報告書

リスク運転報告書

  • リスク運転状況
  • レポート閲覧率
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 個人別リスク運転状況

個人別リスク運転状況

  • 急加速・急減速・急旋回
  • 一時不停止・車間距離不足・脇見
  • 速度超過

選ばれる理由1
テレコムの運用サポートprogram

Dr.ライセンス テレコム
「AIドライブレコーダーを取付けてもらったけど、データの見方が分からない」「診断結果をみたけど、有効な指導方法がわからない」など、ご安心ください。テレコムが継続的にお客様の運用をサポートすることで、Dr.ライセンスの事故削減効果を最大限に実現します。
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 運用プロセス設計

業務内容に合わせた運用プロセスを設計

設計ポイントの例

  • ドライバー/管理者レポートの確認
  • 危険者の抽出
  • 声掛けのタイミングを設計
  • 声掛けのポイントを絞込み
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー データ分析

データやヒアリングにより運用状況を分析

分析ポイントの例

  • ドライバーのレポート閲覧率を確認
  • 声掛け/指導/面談の実施状況を確認
  • 検出件数やスコアの改善傾向を確認
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー 改善提案

他社成功事例や他営業所の状況も参考に改善策を提示

改善ポイントの例

  • 声掛け/指導内容の見直し
  • 対象者の絞込み
  • 掲示物や配布物の作成
  • 危険予知訓練などの実施

テレコムでは、ドクターが処方箋を出してアドバイスしてくれるようにフィードバックを実施します。

  • リスク運転報告書とリスク運転ランキングを月1回作成し、当月分を翌月上旬に提出。
  • 拠点毎の集計データでそのリスク運転の傾向と管理者が閲覧しているかが分析できるようになる。
  • 3カ月分を比較できるので傾向が分かる。
  • 個人にフォーカスし、傾向を見て危険な要素に対してランキングを提出。
  • ワースト3に対しては、取締りを受けた場合の違反金シミュレーションを提供。
  • 総走行距離で不公平感がでないように、100kmあたりでランキングを提出。

ドライバーの当事者意識を高めることで、運転技術の改善を図ります。

選ばれる理由2
テレコムのワンストップservice

Dr.ライセンス テレコム
テレコムは製品を販売するだけでなく、ヒアリングと提案を行う「業種別の担当営業」、取付け作業を行う「テクニカルサポート」、システム作業を行う「システムサポート」、導入後もフォローする「カスタマーサポート」が自社に備わっています。ワンストップでサービスを提供することにより、購入はA社→取付はB社→運用はC社と窓口が違うストレスを与えず、安心してご利用いただけます。
テレコム 業種別の担当営業

ヒアリングとご提案
業種別の担当営業

テレコム テクニカルサポート

取付け作業
テクニカルサポート

テレコム システムサポート

システム作業
システムサポート

テレコム カスタマーサポート

導入後もフォロー
カスタマーサポート

夜でも鮮明
AIドライブレコーダーspec

Dr.ライセンス AIドライブレコーダー スペック
電源を取得するだけで使え、本体(外側カメラ付)と内側カメラは別体なので、自動ブレーキが付いた車両でも設置できます。内側カメラは、IR LEDを搭載。夜間でも鮮明な映像を記録します。ヒヤリハットや危険シーンが検出された場合、自動で映像を送信します。
通信型SDカード外内カメラ別体高画質1年保証
Dr.ライセンス AIドライブレコーダー スペック
本体(外側カメラ)
電源電圧5V
消費電流1.2A
GNSSGPS、GLONASS、みちびき対応
画面サイズ3.0型、フルカラーTFT液晶
最大記録画角水平:約132度×垂直:約70度
ファイル形式MP4
音声記録オン/オフ可
HDRオン固定
有効画素数約400万画素
レンズ広角、F値:2.0
サブカメラ(内側カメラ)
電源電圧8V
消費電流300mA
最大記録画角水平:約120度×垂直:約65度
ファイル形式MP4
赤外線照射赤外線LED(波長:940nm)×4
HDRオン固定
有効画素数約200万画素
レンズ広角、F値:1.8
フレームレート/解像度/常時録画映像の記録時間
SDカード容量モードフレームレート解像度記録時間
128GB低画質モード13fps1280×72072時間
高画質モード27fps1920×108027時間
32GB低画質モード13fps1280×72018時間
高画質モード27fps1920×10806時間
お問合せ
会社名を入力してください
氏名を入力してください
メールアドレスを入力してください
電話番号を入力してください
お問合せ内容を入力してください
個人情報の利用目的
お客さまにご記入いただきました個人情報は、お客さまへの回答のためにのみ使用させていただきます。
個人情報の第三者提供について
取得した個人情報の取扱の全部又は一部を第三者に提供することはありません。
個人情報の取扱いの委託について
取得した個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することはありません。
開示対象個人情報の開示および問合わせ窓口について
お客さまからお預かりした個人情報に関して、今後お客さまからのご要望で、開示、削除、訂正、利用停止等の必要が生じた場合には、お客さまご本人からのご連絡をいただくことにより適宜対応させていただきます。要求方法および担当窓口は「個人情報の開示、訂正、利用停止等」をご確認ください。
個人情報保護管理者
株式会社 テレコム 業務推進部長
個人情報を入力するにあたっての注意事項
お客さまの個人情報の入力は任意となっています。これらを入力いただいた場合は、お客さまへのスムーズな回答のために利用させていただきます。
個人情報の安全管理措置について
取得した個人情報については、漏えい、滅失、またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。本サイトはSSLによる暗号化措置を講じています。
個人情報保護方針
当社の個人情報保護方針についてはこちらをご確認ください。
プライバシーポリシーに同意する必要があります
必須弊社からのメールでの情報配信(メルマガ等)

確認画面が表示されない場合、赤字の項目が入力漏れです。修正後、再度「確認」ボタンを押してください。