Dr.ライセンス
機能・サービス

機能・サービス詳細

1.危険運転をAIが自動検知
次の10種類の運転行動を検知します。
  1. 急発進
  2. 急ブレーキ
  3. 急ハンドル
  4. 急後退※乗用車のみ対応。大型車は開発中。
  5. 脇見
  6. 車間距離不足
  7. 一時不停止
  8. 速度超過
  9. 前方車両衝突
  10. 眠気検知※開発中。
検出する危険運転行動加速度
ジャイロセンサー
GPS
地図情報
外・内
カメラ
詳 細
急発進Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 急発進検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズ
急ブレーキDr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー ブレーキ検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズ
急ハンドルDr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 急ハンドル検出する基準を会社/営業所毎にカスタマイズ
急後退Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 急後退十分な確認時間をとられていない後退を検出
※乗用車のみ対応。大型車は開発中。
脇見Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 脇見一定時間継続して脇見している状態を検出
車間距離不足Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 車間距離不足速度に応じて検出する距離を調整
一時不停止Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 一時不停止道路上の一時停止線において完全停止しないと検出
速度超過(低速路含む)Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 速度超過道路標識速度を一定時間超過した場合に検出
前方車両衝突Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 前方車両衝突前方車両、二輪車との相対速度を捉え警報を出す
2.注意喚起警報
次の状況が検知されると、車載器が警報を鳴らし、ドライバーに注意喚起します。
  • 車間距離不足:車間距離を詰めた状態で一定時間が経過したとき(あおり運転など)。
  • 前方衝突:前方車両への追突や障害物への衝突の危険が迫ったとき。
  • ハザードマップ:車高注意や道幅注意など、設定したエリア(ドライバー知見に基づいた任意の地点)に侵入したとき、音声で案内。

※ながらスマホなどを警告する「長い脇見」、居眠りを検知する「眠気」など、さまざまな警報を開発中。

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー ハザードマップ
3.リアルタイム通知
前方衝突警報、車間距離警報、長い脇見などの車載器警報が鳴った場合と、強い衝撃を検知した場合(事故など)に、管理者にリアルタイムで通知されます。
4.AI顔認証
車内カメラ映像のドライバーの顔をAIが識別し、誰がどの車を運転したかを自動で記録します。

※顔認証には一定の学習時間が必要です。

5.動画再生・録画映像
動画再生画面では、次のことができます。
  • 全画面表示。
  • コマ送り。
  • スピード再生。
  • 撮影位置の地図と連携して表示。
録画した映像は、次のことができます。
  • ローカルファイル上にダウンロード。
  • クリップ保存(お気に入り)する事でクラウド上に保存。
  • クラウド上に保存した映像は、他拠点と共有する事も可能。
6.ドライバー向け画面
スマートフォン向けに最適化されていますので、ドライバーが自分で簡単に運転を振り返ることができます。
また、ドライバーが閲覧したかどうかは、管理者向け画面で一覧表示されます。
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 目標の達成度を確認
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 危険シーン地点確認
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー  危険シーン動画確認
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー スコア推移状況確認
7.遠隔動画取得機能
ドライブレコーダーのSDカードに保存されている映像を、車両が戻る前に、管理者向け画面から遠隔で取り寄せることができます。
トラブル発生時に、事務所にいながら状況確認ができます。
8.ライブマップ機能
車両の現在位置を地図上で確認することができます。
危険運転や回避運転の発生した位置も表示され、地図上から、詳細動画を再生することもできます。
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー ライブマップ機能
9.プライバシー保護
ドライバーのプライバシー保護にも配慮しています。
(インカメラ停止/モザイク)
  • 車内カメラは停車後3分で録画を停止します。
  • 車内カメラの映像にモザイクをかけることができます。
  • 車内の音声のみ録音しないようにできます。
10.本体・SDカードの故障検知
管理者向け画面の一覧表示で、本体やSDカードの状態を確認することができます。
11.週次メール送信
毎週月曜日に、前週の結果をメールで受け取ることができます。
管理者には、回避運転や危険な運転の多いドライバーをピックアップしてお知らせします。その中から気になるものの詳細を確認、必要に応じて指導することができます。
ドライバーは、前週の評価をもとに、改善すべき運転のクセや気のゆるみを、客観的な映像をもとに再認識することができます。

※ドライバー向けは開発中。

株式会社ABC運送
港北センター
管理者アカウント2様

いつもお世話になっております。
テレコムカスタマーサポートセンターです。

11/09 〜 11/15 週の拠点結果をご案内致します。(11/16 AM 8:00時点結果)
結果に応じてドライバーへのフィードバックを実施しましょう。
ご不明点などございましたらお問合せください。

【ヒヤリハット】動画を確認する
※()内の数字は先々週の件数
 衝撃: 0件(0件)
 手動録画: 0件(0件)

【リスク運転数】動画を確認する
前週との結果を比較しましょう。
※()内の数字は先々週の件数
 全リスク運転数:56件(34件)
 1乗車あたりのリスク運転数:3.7件(2.4件)
 急加速: 0件(0件)
 急減速: 2件(3件)
 急ハンドル: 0件(1件)
 一時不停止: 3件(2件)
 速度超過: 9件(7件)
 車間距離不足: 35件(15件)
 脇見: 7件(6件)
 急後退: 0件(0件)

リスク運転の内訳や個人の詳細はこちら
サマリーページで確認する

【個人別リスク運転数結果】

先週リスク運転が多かった上位5名
※該当者がいない場合は表示されません
※()内の数字は先々週の件数
鈴木一郎 :合計29件(19件)
佐藤二郎 :合計21件(14件)
高橋三郎 :合計5件(1件)
山田四郎 :合計1件(0件)

リスク運転の内訳や個人の詳細はこちら
サマリーページで確認する

12.フィードバックレポート
毎月初旬に、前月のリスク運転の状況を分析したレポートをお届けします。
時系列で改善の進捗を確認できるほか、ドクターからのワンポイントアドバイスなど、効果的な安全運転指導にご活用いただけます。
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー リスク運転ランキング
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー リスク運転報告書
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 個人別リスク運転状況
13.内外分割式カメラ
カメラは、車両前方用と車内用の分割式なので、取付け位置の自由度が高く、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)装着車にも設置可能です。
Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 内外分割式カメラ
14.カメラ仕様
本体(外側カメラ)
電源電圧5V
消費電流1.2A
GNSSGPS、GLONASS、みちびき対応
画面サイズ3.0型、フルカラーTFT液晶
最大記録画角水平:約132度×垂直:約70度
ファイル形式MP4
音声記録オン/オフ可
HDRオン固定
有効画素数約400万画素
レンズ広角、F値:2.0
LTE、Wi-Fi、Bluetooth®搭載
サブカメラ(内側カメラ)
電源電圧8V
消費電流300mA
最大記録画角水平:約120度×垂直:約65度
ファイル形式MP4
赤外線照射赤外線LED(波長:940nm)×4
HDRオン固定
有効画素数約200万画素
レンズ広角、F値:1.8
夜間でも鮮明な映像を記録
15.解像度・記録時間
フレームレート・解像度・常時録画映像の記録時間
SDカード容量モードフレームレート解像度記録時間
128GB低画質モード13fps1280×72072時間
高画質モード27fps1920×108027時間
32GB低画質モード13fps1280×72018時間
高画質モード27fps1920×10806時間