Dr.ライセンス
実証実験結果

Dr.ライセンスの交通事故削減サポートプログラムにより、最大48%の事故削減効果、最大83%の1事故あたりの単価削減効果、最大90%の事故対応コストの削減効果の実験結果が実証されています。

事故率改善

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 事故率削減

およそ半年間の実証実験後と、過去5年間の同時期平均の事故率を比較した結果です。トラックで48%、タクシーで25%の改善がみられました。

※事故率:走行10万kmあたりの事故発生件数。
※複数事業者のトラック合計500台400万km、タクシー合計100台200万kmを走らせた結果。

事故あたりの単価削減

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 事故あたりの単価削減

実証実験に参加したうちの、貨物運送事業者A社とタクシー事業者B社の1事故あたりの単価です。トラックで83%、タクシーで40%コストダウンしました。残念ながら事故が起きてしまった場合でも、事故の大きさが抑えられていることがわかります。

事故対応コストの累計

Dr.ライセンス 通信型 AIドライブレコーダー 事故対応コストの累計

実証実験に参加したうちの、貨物運送事業者A社とタクシー事業者B社の同期間の事故対応コスト(車両修繕費など)の累計です。トラックで90%、タクシーで45%削減されています。